<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

録画しておいたNHK短歌を見てた。
12月25日、題は「電柱」

一番好きだったのはこの歌。

群雀この電柱をねぐらとすこの電柱は孤独にあらず 広島県 三原市 岡村 禎俊さん


感想はあとから。


あと、
番組中の、藤井常世さんの歌
化けるまで生きよと言ひきかせ言ひきかせゐしがどの子も猫のままに死す
が印象に残った。
[PR]
by narui-aruha | 2011-12-26 03:37 | 好きな歌

少年に変声期ありトンネルのオレンジ色の冷えた照明

ひと月に一度は泣くと女性誌に平均値あり心がよわる

熱い沼から立ちのぼる熱い息 心臓にとても重い血がある

蔵の字の臣の真ん中幾重にも守られている大事なうつろ

壊れないように心を与えずに頭の中につくる友達

包丁の光さすまで完熟のメロンの中に栄える王都

自らの体に与えられている重力と手をとりあって踊る

私まで参加していい五次会があるなら五次元だって信じる

放流した私のピースは私にはならないいくら数があっても

この声は私が生きて出している生まれもってるものを愛する
[PR]
by narui-aruha | 2011-12-16 04:51 | 自分の短歌
久しぶりにブログを書こうと思ってキーを叩いているものの、
まるで初めてブログを書くみたいに何を書いていいのか分からない。

短歌をだいぶ怠けている、言葉が上手く繋がらないし
あ、歌になりそう、というような
ひらめきも、海の中の泡みたいにどこかへ浮かんで消えていく。

来年の題詠は参加したい。
できれば、ペンネームで投稿できるところに投稿したい。
若くなりたい。歌がためらいなく歌えるくらいに。
[PR]
by narui-aruha | 2011-12-16 04:38 | 日記