カテゴリ:題詠2010-0-10( 11 )

星座集うあたりにラピスラズリとかサファイア、アメジストのかけらひしめく
[PR]
by narui-aruha | 2010-11-22 09:17 | 題詠2010-0-10
生きていくために見えないものも見る横目に天上色の菜園
[PR]
by narui-aruha | 2010-11-22 09:04 | 題詠2010-0-10
くちびるの南北朝隋唐五代うごきで覚え歌だと気付く
[PR]
by narui-aruha | 2010-11-22 07:29 | 題詠2010-0-10
決壊を夢みる悪いダムだから工事がなかなか再開しない
[PR]
by narui-aruha | 2010-11-22 07:18 | 題詠2010-0-10
この紙の署名欄にはペンを持てるわたしが代わりにサインするから
[PR]
by narui-aruha | 2010-09-24 17:31 | 題詠2010-0-10
馬に乗る馬が見ている世界より高い世界をみせてもらった
[PR]
by narui-aruha | 2010-09-07 15:16 | 題詠2010-0-10
悪い方悪い方へと疑ってコールタールの海を見ている
[PR]
by narui-aruha | 2010-09-07 02:01 | 題詠2010-0-10
そわそわとダシ巻き玉子を焼くように一面に陽が注ぐ公園
[PR]
by narui-aruha | 2010-09-07 01:40 | 題詠2010-0-10
暇そうに素振りしているTシャツの白から少し見えてる背中

More
[PR]
by narui-aruha | 2010-06-27 03:36 | 題詠2010-0-10
部屋着しかないわたしにも始まりの四月の春の恩寵よ降れ
[PR]
by narui-aruha | 2010-06-21 02:56 | 題詠2010-0-10