短歌を始めたのが大学1年の冬、2002年の今頃だったので
もう10年ほどになるのか。
さほど成長していないのは心苦しい、しかしながら
10年分の歌が手元に残ることになったことは
自分にとって大きなことだと思う。

そろそろ歌集を出す頃じゃない?と言われ
しかしお金のあてもないので曖昧に笑うしかないのです。

2012年、できれば新しい短歌の友達が欲しいけど
昔ほど短歌に対する情熱が無い今、友達を得ても何が出来るだろう。
(いい歌も出来ないのに)

希望に満ちた文言で2012年を始めるべきところを
こんな後ろ向きな気持ちで書いているなんて…
あと、「つばさ10号」で検索すると自分のブログにたどり着いてしまう悲しさ…
他のワードで探さなきゃなぁ。


1月中に100個くらい
今年の目標(のぞみ?)を決めるつもりなので、そのうちの5つはこれにする。

・つばさ短歌会に若い子が入会しますように(早く、わたし30代になったら困るよ!)
・あれに毎月応募できますように(あれ、面白いし楽しみ)
・ちっちゃな歌集が出来るくらいの臨時収入がありますように
・いろんな人と短歌で繋がれますように
・いろんな交流の場が見つかりますように

今年こそ、題詠blog2012参加と完走してみたいなあ。
http://blog.goo.ne.jp/daieiblog2012
[PR]
# by narui-aruha | 2012-01-13 07:12 | 日記
録画しておいたNHK短歌を見てた。
12月25日、題は「電柱」

一番好きだったのはこの歌。

群雀この電柱をねぐらとすこの電柱は孤独にあらず 広島県 三原市 岡村 禎俊さん


感想はあとから。


あと、
番組中の、藤井常世さんの歌
化けるまで生きよと言ひきかせ言ひきかせゐしがどの子も猫のままに死す
が印象に残った。
[PR]
# by narui-aruha | 2011-12-26 03:37 | 好きな歌

少年に変声期ありトンネルのオレンジ色の冷えた照明

ひと月に一度は泣くと女性誌に平均値あり心がよわる

熱い沼から立ちのぼる熱い息 心臓にとても重い血がある

蔵の字の臣の真ん中幾重にも守られている大事なうつろ

壊れないように心を与えずに頭の中につくる友達

包丁の光さすまで完熟のメロンの中に栄える王都

自らの体に与えられている重力と手をとりあって踊る

私まで参加していい五次会があるなら五次元だって信じる

放流した私のピースは私にはならないいくら数があっても

この声は私が生きて出している生まれもってるものを愛する
[PR]
# by narui-aruha | 2011-12-16 04:51 | 自分の短歌
久しぶりにブログを書こうと思ってキーを叩いているものの、
まるで初めてブログを書くみたいに何を書いていいのか分からない。

短歌をだいぶ怠けている、言葉が上手く繋がらないし
あ、歌になりそう、というような
ひらめきも、海の中の泡みたいにどこかへ浮かんで消えていく。

来年の題詠は参加したい。
できれば、ペンネームで投稿できるところに投稿したい。
若くなりたい。歌がためらいなく歌えるくらいに。
[PR]
# by narui-aruha | 2011-12-16 04:38 | 日記
いままであるようなないような感じで続けていたHPを削除しました。
なので、今はここにしか場所がありません。
[PR]
# by narui-aruha | 2011-05-07 22:05 | 日記
2011年1月16日放送のNHK短歌
選者:加藤 治郎
テーマ:「夢」または自由


洗うけど何に汚れた顔なのかとてもきれいな夢だったのに    鈴木 裕朗


この歌が好きだ。

昼間に外の汚れた空気に触れて、きたなくなった顔。それを夜に洗うのはいい。
しかし、夜から朝の間、顔は寝床の中で、ただ静かに眠るのみだ。
もし汚れるとしたら、自分の内にあるもの、夜の間に見る夢によってだろう。
今日はきれいな夢をみたから、顔は汚れていない。なのに顔を洗わなくてはいけない。
洗うことによって、きれいな夢も流れ落ちて行くようだ。
朝に顔を洗うという慣習に対して小さな抵抗をしているようにも見える。


でもなんでだろう、この歌はどこか変。
これは、「きれい」のせいだ。

ここでは、きれいには二つの意味があって
清潔な、と、美しい、だ。
美しい夢をみたといっても顔は清潔にはならないと思う。
言葉遊びの要素が入っていて、意味がねじれて、ちゃんとは理解出来ない。
しかし、寝起きの夢うつつな思考のようにぼやぼやしてて、そこが味なのかもしれない。

(と、ここまで録画したNHK短歌の解説を聞く前に書いてみる。再生ボタンを押してみる)

ああー、ああー、そうかぁ。
そういうことかー。そう表現すればいいのかー。
的確だー。


久しぶりに録画して見たNHK短歌。
こういう、答え合わせのような楽しみ方も出来るんだな、と一人思いました。

録画し忘れたり、見逃したりしても
NHK短歌のHP http://www.nhk.or.jp/tankahaiku/
特選歌が見られるので、うれしいです。解説はここには載って無いので、テキストって大事だなあ。
[PR]
# by narui-aruha | 2011-02-03 07:17 | 好きな歌
つばさ第9号に載ってる自分の10首をここに置いておく。


第六感

リンスインシャンプー結局人生を自分のために生きてないこと

東京都江東区夢の島へゆく郵便番号らしい七桁

ニジマスは美味しいですねあなたにもわたしにもないものをもってる

ギザ十を集めた果てでギザ十は私のお棺で一緒に燃える

きょうこころとてもつかれたヒトのみていないところでねたいおやすみ

幼女らのからだに無精卵は満ち縄跳びをする跳び箱をする

植物がまったくいない場所でさえ第六感をすましてみるの

ボールペンの文字が並んでいる中の幽霊みたいなえんぴつの文字

夏の川の中でも冬のへその緒はどこまでも山に繋がっている

花瓶みたいに体が割れてしまってもほくろの位置で元に戻そう
[PR]
# by narui-aruha | 2010-12-30 10:54 | 自分の短歌
公園の冬のベンチを温めるぼくらは一生補欠でいよう   ウクレレ

一番好きな歌↑
スポーツにおける補欠ではなく、人生における補欠という意味合いに受け取った。
人生の補欠って悲壮感がありそうだけど、ぼくらは、って言ってるところと
冬のベンチを温める、ってところに、救いがあると思う。
スポーツにおいては、ベンチを温めることは皮肉な言い回しだけど
人生においてベンチを温める二人って、悪くないんじゃないかなって感じた。


公園のすべり台から夕焼けが子鬼のように近づいてくる   ぱぴこ

とても好きな表現。子鬼のようにのとこ特に好き。すべり台に映る夕焼けをこう表現すればよかったんだ。

初めてのキスするために公園はニューバランスの靴跡だらけ  太田ユリ

公園で他人同士になったあと同じ布団で眠るきょうだい   黒崎立体

いくつもの言わぬが花がこそこそとつぼみを揺らし夜の公園   笠原直樹

公園のジャングルジムの赤錆びたパイプにホームレスの七人  邑井りるる

製材所のとなりに見える公園のジャングルジムの撤去が決まる   れい

土曜日はよそ見をしよう公園にバドミントンを持って出かける   藤野唯

「公園で遊んでこいよ」いまどきの親でも言わない言い草ですよ   壬生キヨム

公園の動線を断つ 口にした葡萄ジュースを遠く飛ばせば  高井志野

「公園で待ってるから」の一言で、あなたの望むことは分かった。   龍翔 

色褪せた喫茶店より眺めやる桜にけぶる公園に吾子   祥

(敬称略)
[PR]
ニンジンとインゲンの子のニンゲンが新鮮なまま生きるSF
[PR]
# by narui-aruha | 2010-11-30 23:41 | 題詠2010-31-40
紛失した秤のことを知っている木箱の中の分銅一式
[PR]
# by narui-aruha | 2010-11-30 23:27 | 題詠2010-21-30